• <input id="2i66y"></input>
  • <strong id="2i66y"><s id="2i66y"></s></strong>
  • <tt id="2i66y"></tt>
    <strong id="2i66y"><object id="2i66y"></object></strong>
  • 精密プローブ、精密部品、精密モデル(desktopZEROなど)を提供する、imcth CO.,LTD -インクス株式會社です。

    精密スプリングプローブ

    • HOME »
    • 精密スプリングプローブ

    精密スプリングプローブ

    あらゆる電子回路の導通検査にご使用いただけます。

    高精度測定に対応する、インクスコンタクトプローブのユニークな構造

    コイルスプリングはピアノ線に金メッキ(一部を除く)が施されており、安定した荷重と優れた耐久性を持ち、プランジャーの先端に適度な力を與え、バレル內壁とプランジャー間に必要な接觸力を與えるよう設計されています。また、耐熱性にも優れ、高溫化でも安定したバネ圧を維持します。

    レジスタンススタビライザー(金屬ボール)はスチールに金メッキを施したもので、プランジャーに圧力が加わった時これがバレル內壁に密著し電流はコイルスプリングを通らずバレルを流れるため、安定した接觸抵抗が得られます。またコイルスプリングによるインダクタンスの影響を最小限にします。

    バレルは導電性に優れた材質を使用しており、さらに表面を金メッキ仕上げしており、腐食などによる材質の変化を防いでくれます。従來のプローブでは、プランジャーがスプリングに直接接しているため電流の一部はスプリングを経由して流れ、測定する回路のインダクタンスとして現れます。また、プランジャーはその構造上バレル內壁にかかる力が不均一だったため、內部接觸抵抗が不安定でした。インクスのコンタクトプローブシリーズはユニークな構造によりこれらの問題を解決、高機能デバスやファインパターンの基盤の測定に対応します。





    従來のボールなしのプローブでは接觸抵抗値が高く、不安定です。インクスでは、レジスタンススタビライザー(金屬ボール※1)を採用した獨自の內部構造を開発し、低く安定した抵抗値を得ています。(表I)
    さらに、導電性に優れた金メッキ(※2)をプランジャーに施すことにより、抵抗値はいっそう低く安定して理想的な狀態を得ることができます。(表II)

    ※注
    ※1:コンタクトプローブの種類、サイズにより、レジスタンススタビライザーが入らない場合があります。各仕様をご確認ください。
    ※2:一部、金メッキ処理をしないものもあります。各仕様をご確認ください。
    ※3:データは當社測定機器によるものです。また、各項の荷重、接觸抵抗、最大電流の値は、弊社開発段階における社內測定値であり、お客様の仕様狀況、環境條件によって異なる場合があります。


    IP130B-2Cプローブ接觸抵抗値 10萬回測定データ


    IP130B-2Cプローブ?他社製プローブ接觸抵抗値比較






    前のページにもどる

    PAGETOP
    Copyright ? インクス株式會社 All Rights Reserved.
    四虎国产精品永久地址